多動×自分

多動症が世の中的に悪といわれるけど、悪という風潮を作ったところが悪だと思うサラリーマンの日常

多動の人には天才が多い気がする。少なめに見積もったとしても

多動の人と1年間仕事をしたことがあった

人生で5本の指に入るほど、衝撃的な人と仕事をする機会があった。昨年1年間くらい。世界的にも超有名な企業で、超有名なOSに関わっていた日本人エンジニアさん。アメリカ国籍をお持ちで英語堪能。おまけにフルスタックエンジニアなもんだから、何でもこなしてしまう。こんなすごい人が日本にいたのか、と衝撃的だった。

発言も衝撃的で、「俺は天才」「あいつほんとに何も考えてないのかね」とか、スパイスが効いている発言だらけ。でも本質を捉えていて、聞いているこっちはニヤニヤしっぱなしだった

 

多動なのはその「行動」

自分の中であまりにも要チェック人物だったため、仕事中の彼の動きをずっと観察していた。

まず、ずっと席に座っていられない人だということがわかった。エンジニアだからずっと座ってプログラミングするかと思いきや、超集中して席を立ちあがり、周りをうろうろし始める。仕事ホントに進んでるのかな?と思うと、ちゃんとばっちり仕上がっている。心底驚いた。超生産性が高く、短距離走の繰り返しみたいな仕事をしているのかなと思った。

立ち上がって周りをうろうろすると、社員に話しかけに来る。おしゃべりが大好きなようだ。話の内容も面白いんだけど、集中しているこっちからしたら、時にはそれが迷惑。もっと会話しておけばよかったかな。あんな日本人エンジニアさん、なかなかお目にかかれないから。

それに比べて自分は多動かどうか

この人と比べてしまうと、全然多動じゃないんですよね。確かに落ち着いて席に座って仕事ができないとか、違う場所で仕事をしないと気が済まないとか。そういう部分はありますが、このエンジニアさんこそが多動を表してるんだろうなーと思いました。

 

もっと自分の中にある多動な部分を掘り下げたい。自分には多動なところがあり、どこかしらで人と違う視界や視座があるはずと(何かしら)感じているので、自分をもっと見つめなおしてみたい!